FC2ブログ
P・R・O行政書士法人通信
P・R・O行政書士法人 社員のブログ
02 | 2019/03 | 04
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

【 運動 】

ここ数年、運動していないなぁと思い昨年秋にジムに入会しました。

体をムキムキにしたい訳でなく、楽しく体を動かしかったので、音楽に合わせて簡単なダンスプランがある所にしました。

お風呂もついているので、体を動かした後は大きいお風呂でゆっくりできて最高!!

と、思い、初めのうちは月6回ほど行っていたのが、だんだん行く回数が減り・・・・

今月退会しました。

色々な言い訳をつけて、辞めて良かったはずと自分に言い聞かせています。
(単純に冬は寒くて家から出たくなかっただけです。)

また自分にあう運動を見つけたいと思っています。

札幌N・F


スポンサーサイト



【 歯 】
先日、人生ほぼ初めての手術をしました。


…親知らず抜歯です。(笑)

みなさんはまだ親知らずは存在していますか?
もし今後抜く予定のある方は、このブログを参考にしてくれたら幸いです☻


今回は、左の上下を抜歯しました。
下の歯はもう、こんにちはをしていて、上は埋没状態です。
最初は、下のみを抜歯しようとしたのですが、上も同時でも大丈夫だよと先生に言われ、上下抜歯を決意。

きれいに生えている人や、埋没してない人であれば、普通の歯医者さんで抜歯は可能ですが、私は真横を向いていたため、口腔外科での手術となりました。

全身麻酔で4本全部か、静脈麻酔で2本ずつ日を改めて抜くかの選択で、後者を選択。
全身麻酔は寝ている間に終わりますが、静脈麻酔は起きています。
点滴しながら、麻酔を体内に入れ、眠りはしないのですが常にぼんやりとしている感覚です。
点滴開始数秒後にはもう頭がぼーっとし始めました。
先生たちが会話しているのはわかりますが、何を話していたかまでは記憶にありません。

点滴最中は常に麻酔科の先生がモニターを見ていてくれ、看護師さんが体内の酸素をずっと管理し、5人くらいの先生たちがいました。

思っていたよりもおおごとで、それが一番驚きました

函館の父母も心配だからと駆けつけ、親知らずを甘く見ていました

術後は、多少腫れたり出血はありましたが、だんだん腫れもなくなり今ではおいしいご飯をお腹いっぱい食べれています☺

ちなみに術後1週間は、そばおかゆソーメンうどんの繰り返しでした…
(それが一番辛かったかもしれない)


次は7月に右を抜こうと思います!
そして今回は抜いた歯を病室に忘れてきたため、7月は持って帰ろうと思います(笑)


M.M


【 RPA 】

皆さんはRPAをご存知ですか?

RPAとは、Robotic Process Automation (ロボティック・プロセス・オートメーション)
の略語で、定型作業をパソコンの中にあるソフトウェア型のロボットが代行・自動化する概念
で、AIやIoTと並ぶくらい注目されている技術だそうです。

先日、知人がこの講習会に参加したことで「ターゲットとなる反復作業の5割前後に活用出来
そうだ!」と目を輝かせて話していたので調べてみました。

RPAは受付業務や作業入力業務のような決まった反復作業を自動化することで、これまで
人間が行っていたよりも正確で迅速な処理が出来るようになり、その速度は人手作業の約3倍
だそうです。
人間だと間違えたり作業効率にムラが出たり、休みが欲しいと愚痴も言ったりしますが、
ロボットなら間違いがなく不満も言わずに24時間働いてくれるので、生産性向上になります
ね。

少子高齢化に伴う労働者人口の低下や政府から要請される働き方改革で、どこも人手が足りない
ため、誰でも出来る単純作業はロボットに任せてしまおうという考えはアリなのかもしれません。

では逆にロボットには出来ない私たち人間の仕事って何なのでしょう。
それを見出せなければいずれロボットに使われる人間になってしまうのではないかと末恐ろしく
感じてしまいます。

そんなことを考えながらも、きっとまた明日から入力業務や書類作成業務に邁進してしまうで
あろう人間の私です。


札幌 M.M